学生時代のムダ毛処理方法

私がムダ毛を意識し始めたのは、小学生高学年の時でした。友達と比較して腕の毛が濃いなと意識し始めましたが、当時は「剃る」という概念がなく毛をハサミで短くカットしている程度でした。
中学に入ると、友達が脱毛・脱色している子が殆どで、夏になると特に悩むようになりました。母親に相談してみるとT字カミソリであれば安全に剃れると話してくれたので、早速試しました。今まで見たことないツルツルの腕になり大満足でしたが、2日ほどするとすぐに生えてきて、チクチクするのが気になりました。脱毛・脱色にも挑戦したかったのですが、当時の私はアトピーが酷く皮膚にストレスを与えるような方法は無理だと思い断念しました。
高校生になると、さらに友達とムダ毛についていろいろと話す機会が増え、カミソリではチクチクしてしまうこと、すぐに生えてきてしまうため毎日剃らなければいけないことを相談しました。ムダ毛が多くて悩んでいる友達も多く、毛抜きを常備している子がいたので、借りてみることにしました。今まで気にしたことのない指毛を痛い思いをしながら抜いてみると、驚くほど指先がきれいになり感動しました。一度抜いてしまえばしばらく手入れしなくても毛が生えてこないので快適でした。ただ腕に比べて指毛は抜くのが本当に痛いです。
このころはなぜか顎にひげが4~5本生えることが多々あったので、毛抜きを常備している友達によく抜いてもらっていました。指毛に比べてひげは太く、すぐに生えてきてしまうため、こまめに手入れが必要でした。
私が通っていた中学・高校はプールがあったため夏は水着になります。男女別でしたが、毛の処理は本当に大変でした。特に剛毛である脇とすね毛は、前日に沿っても翌日には少し生えてきてしまうため、当日の朝に剃るようにしていました。完璧と思っていたものの、すっかり忘れていたのがビキニライン。友達に「やばい!ちょっと出てるって!」と指摘されたときは恥しくて幻暈がしました。ビキニラインは今でも悩んでいるポイントですが、私は剃ったことしかありません。ブツブツになってしまったり後残りがしやすいので、剃るのはあまり好きではありませんが、脱毛に行く暇やお金もないので諦めています。
体育の時にくるぶし丈のソックスを履くのが流行っていたため、年間を通してすね毛の処理は必須だったのですが、一時期本体に石鹸が付いたタイプのカミソリを使用していました。しかしカミソリが石鹸に埋もれてしまいやすく、剃り残しが目立ってしまったため実用的ではありませんでした。しかし石鹸の質は良かったようで、剃った後のヒリヒリ感や赤くなってしまうことはありませんでした。アルバニアホワイトニングクリーム